Japanese

佐々木勇之助 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade勳四等
Title/ Family rank etc.東京府平民
Occupation澁澤倉庫株式會社會長,株式會社第一銀行取締役兼總支配人,株式會社東京貯蓄銀行取締役,東京交換所委員,朝鮮興業株式會社相談役
Gender男性
Birthday安政元年八月八日 (1854)
Parent and relation 佐々木直右衛門の二男
Family妻 ふさ 文久二、一二生、東京、士、野村光貞妹
男 謙一郞 明一五、一二生、從六位、法學士、税關事務官
婦 菊尾 明二二、九生、長男謙一郞妻、東京、士、三宅秀四女
男 修次郞 明二〇、七生、法學士、第一銀行員
男 和三郞 明二三、四生、工學士、汽車製造株式會社員
女 わか 明二六、一〇生、お茶水高等女學校出身
Biography君は東京府平民佐々木直右衛門の次男にして佐々木愼思郞の實弟なり安政元年八月八日を以て生れ明治九年家督を相續す幼時漢籍を修め明治七年第一銀行に入り簿記掛となり日夜黽勉衆に超へ十年一日の如く一意行務に鞅掌して事に表裹なく衆望を負ふて信用日に加はり累進して同二十九年九月遂に同行取締役兼總支配人の椅子を占め名聲隆々今日に及へり尚如上諸會社に重役たり日露役の功により勳四等に叙し瑞寳章を賜はる
家族は前記の外五男恒吉(明二九、一二生)六男重雄(同三二、二生)四女ナミ(同三五、六生)五女やす(同三七、三生)孫須磨子(同四三、八生、長男謙一郞長女)同寬(大元、一二生、同長男)あり
長女マサ(明一三、一一生)は奈良縣平民岡實に二女▲わ(同二五、四生)は東京府人立石信郞に妹いね(文久二、八生)は海軍軍醫總監鈴木重道に嫁せり
Address phone
東京、本鄕、弓町二ノ一九 電話下谷八九九
Relative岡實,佐々木愼思郞,野村光貞,三宅秀,鈴木重道,※三浦謹之助,※中村直次郞,※佐々木東洋,※仁田大八郞
Degree9 (except※5)
Pronounciationささき ゆうのすけ
Another name
View a digital image