Japanese

鈴木重道 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade正四位、勳二等、功三級
Title/ Family rank etc.東京府士族
Occupation豫備海軍軍醫總監
Gender男性
Birthday安政四年七月二十六日 (1857)
Parent and relation 鈴木重直の長男
Family妻 いね 文久二、八生、東京、平、佐々木勇之助妹
男 秀雄 明一八、一生
婦 テツ 明二〇、一〇生、長男秀雄妻、北海道、平、中西勝右衞門三女
男 信敏 明一九、一一生
男 敏行 明二四、五生
男 軍六 明二八、三生
Biography君は滋賀縣士族鈴木重直の長男にして安政四年七月二十六日を以て生れ明治十九年家督を相續す同十四年海軍少軍醫に任せられ爾來累進して海軍軍醫總監に陞任し豫備役仰付らる其間海軍々醫學校監事兼教官海軍兵學校軍醫長吉野浪速各軍醫長臺灣總督府軍醫局海軍部第二課々員海軍々醫學校教官海軍省醫務局第二課長舞鶴橫須賀各海軍病院長兼各軍醫長等に歷補し日露役の勳功を以て勳二等に叙し功三級金鵄勳章を賜はる
家族は前記の外孫美重子(大二、二生、長男秀雄長女)あり
弟主計(元治元、六生)は其妻じう(明三、一〇生、男爵瓜生外吉妹)及其子と共に分家し長女幾重(同二二、一一生)は神奈川縣士族小倉嘉尚長男嘉明に嫁せり
Address phone
東京、豐多摩、大久保町百人町二六八
Relative佐々木勇之助,男爵瓜生外吉,※佐々木愼思郞
Degree3 (except※2)
Pronounciationすずき しげみち
Another name
View a digital image