Japanese

賀茂嚴雄 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正四位、勳二等、功四級
Title/ Family rank etc.靜岡縣在籍
Occupation海軍中將,湯淺蓄電池製造(株)相談役
Gender男性
Birthday慶應三年六月 (1867)
Parent and relation 賀茂水穗の長男
Family妻 東美子 明三、一〇生、伯爵萬里小路通房三女
男 正歳 明三二、一二生、早稻田大學商科出身、大正海上火災保險會社員
女 文子 明二八、七生、東洋英和女學校出身
男 正光 明三五、三生、慶應義塾大學經濟學部出身、織田信託會社員
女 勝子 明三九、六生、跡見女學校出身
女 眞佐子 明四四、七生、双葉高等女學校在學
Biography當家は代々遠州濱名郡の神職たり先代水穗は國學の造詣深く和歌に長ぜり戊辰の役遠州神職の同志と報國隊を編成して官軍に投じ有栖川總督宮殿下の麾下に屬し各地に轉戰して功あり平定後海軍士官たりしが明治二十三年選ばれて靖國神社宮司となり名聲あり
君は其長男にして慶應三年六月を以て生れ明治四十二年家督を相續す夙に海軍機關學校に學び同十九年海軍機關少尉に任じ大正五年海軍中將に累進す其間佛國に出張し英米兩國駐在官日進松島各機關長佐世保鎭守府機關長海軍機關學校長等に歷補す大正六年豫備役に編入し實業界に入り現時前記會社の相談役たり
家族は尚四男正章(明四三、一生)孫康子(大八、七生、亡長男正房長女)あり
弟正義(明七、七生、大阪高等工業學校長)は東京府人堤正己の養子となり二女壽賀子(同三〇、一一生、東洋英和女學校出身)は遞信技師飯田嘉六に四女秋江(同四〇、一一生、出身校同上)は三重縣人藤井市三郞長男英一に妹靜江(同一二、一二生)は海軍中將伊藤乙次郞に嫁し同玉江(同一〇、一〇生)は醫學博士守屋伍藏の未亡人たり
Address phone
東京市外碑衾町衾一四四 電青山一一四二
Relative伯爵萬里小路通房,伊藤乙次郞,堤正義,藤井市三郞,※伯爵葉室長通,※伯爵堀田正恒,※子爵裏松友光,※子爵關長剛,※男爵河邊博長,※男爵萬里小路元秀
Degree10 (except※4)
Pronounciationかも いつお
Another name
View a digital image