Japanese

相馬順胤 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從三位
Title/ Family rank etc.子爵、舊磐城國中村藩主
Occupation
Gender男性
Birthday文久三年九月二十九日 (1863)
Parent and relation 相馬充胤の三男
Family妻 碩子 明六、一〇生、子爵有馬純文妹、子爵秋元興朝養妹
男 孟胤 明二二、八生、從五位
婦 邦子 明二六、四生、長男孟胤妻、子爵土屋正直妹
男 廣胤 明二六、二生
男 正胤 明二八、一生
女 澤子 明三一、一一生
Biography當家は平高望の二男平親王將門より出づ將門より三十七代を經て先代子爵誠胤に至る世々中村六萬石の城主たり
君は先代誠胤の弟先々代充胤の三男にして文久三年九月二十九日を以て生る幼名を龜五郞と稱す明治二十五年三月家督を相續し襲爵被仰付
家族は前記の外孫惠胤(大二、三生、長男孟胤長男)あり
甥秀胤(明二二、八生、亡兄誠胤長男)は子爵織田信敏の養子となり信恆と改名し織田家を襲ぎ長女元子(同二五、一生)は子爵青山忠精先代忠允に妹花子(同一二、三生)は子爵有馬純文に嫁し兄義理(安政五、九生)は子爵佐竹家を襲き其子義種當主たり
Address東京、麴町、内幸町一ノ六
Phone number新橋一五八
Relative子爵有馬純文,子爵織田信恒,子爵佐竹義種,子爵秋元興朝,子爵青山忠精,子爵土屋正直,※子爵毛利元秀,※子爵久世廣英
Degree9 (except※6)
Pronounciationそうま ありたね
Another name相馬龜五郞
View a digital image