Japanese

織田信恒 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從五位
Title/ Family rank etc.子爵、舊天童藩
Occupation
Gender男性
Birthday明治二十二年八月三日 (1889)
Parent and relation 相馬誠胤の長子
Family妻 榮子 明二五、四生、亡養父信敏二女、學習院女學部出身
男 信正 大二、四生
Biography當家は桓武天皇の皇子式部卿葛原親王の孫上總介平高望九世の孫内大臣重盛十八世の後胤左大臣信長の二男前内大臣信雄初め伊勢の國主左中將北畠信雅の後を承け北畠氏を稱す天正十年父信長逆臣明智光秀に弑せらるゝに及ひ初て姓を織田に復す爾來世々繼承し十三世にして先代信敏に至り維新更始の際羽前國天童藩主二萬石たり戊辰の役東北の諸侯同盟して官軍に抗するに當り當家は夙に勤王の志を抱き大藩の間に介在し奮戰したるも衆寡敵せす遂に敗らる
君實は故相馬誠胤の長子にして子爵相馬順胤の甥なり明治二十二年八月三日を以て東京に生る同二十八年六月先代信敏の養嗣子となり同三十四年六月家督を相續し同四十二年八月從五位に叙せらる現時京都帝國大學法科大學に在學中なり
Address京都、愛宕、白川村
Phone number
Relative子爵相馬順胤
Degree1 (except※1)
Pronounciationおだ のぶつね
Another name
View a digital image