Japanese

小笠原長生 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正三位、勳二等、功四級
Title/ Family rank etc.子爵、舊肥前唐津藩
Occupation海軍中將,宮中顧問官
Gender男性
Birthday慶應三年十一月 (1867)
Parent and relation 小笠原長行の長男
Family妻 秀子 明一二、三生、伯爵松平直之姪
男 長隆 明三三、六生、從五位
男 長英 明三五、七生
女 日佐子 明四一、二生
Biography當家は兵部大輔小笠原秀政の三男壹岐守忠知の後なり忠知德川氏に仕へ豐後國杵築四萬石を食み後三州吉田四萬五千石に移封せらる後八代長昌の時更に肥前唐津六萬石に移り夫より三代を經て先代長國に至る
君は其世子老中小笠原長行の長男にして名村泰一の伯父なり慶應三年十一月を以て生れ明治六年祖父長國の家督を相續し同十七年子爵を授けらる海軍兵學校を卒業して同二十年海軍少尉候補生となり大正七年海軍中將に累進す其間海軍大學校を卒業し海軍々令部出仕兼海軍大學校教官學習院御用掛東宮御學問所幹事等に歷任す日清日露の役に從軍し功四級に敍せらる現時宮中顧問官たり文藻に富み金波樓主人と號し著書少からず
家族は尚三男長孝(大三、二生)五女宏子(同五、一〇生)四男菩(同八、一一生)の外弟丁(明一一、一生、洋畫家)同妻ツネ(同二五、一二生、書家小堀鞆音長女)及其一男あり
長女武子(同三二、三生、學習院女學部出身)は子爵藤堂高寬に三女信子(同三九、三生)は子爵本莊宗久に妹艷子(同九、一生)は海軍中將佐藤鐵太郞に嫁せり
Address phone
東京市外代々幡町幡ケ谷九 電四谷二五七
Relative伯爵松平直之,子爵藤堂高寬,子爵本莊宗久,小堀鞆音,佐藤鐵太郞,名村泰一,※公爵德大寺公弘,※子爵池田仲誠,※男爵安藤直義,※渡邊直達
Degree10 (except※6)
Pronounciationおがさわら ながなり
Another name
View a digital image