Japanese

立花小一郞 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade從二位、勳一等、功三級
Title/ Family rank etc.男爵、福岡縣華族
Occupation陸軍大將,貴族院議員
Gender男性
Birthday文久元年二月 (1861)
Parent and relation 立花碩の長男
Family妻 カン 慶應二、九生、貴族院議員伊澤多喜男姉
養子 馨 明三〇、八生、二女聯子夫、亡弟銑三郞長男、從五位、法學士、橫濱正金銀行員
女 聯子 明三三、一一生、養子馨妻、日本女子大學校出身
Biography君は舊福岡藩士立花碩の長男にして文久元年二月を以て生れ明治二十六年家督を相續す先是同十六年陸軍步兵少尉に任じ同二十二年陸軍大學校を卒業す日清戰役には第一軍附參謀として功五級を賜はり同二十八年墺國に留學し歐洲各國を視察し北清事件には北清聯合軍總指揮官司令部補佐となり後清國軍事顧問として袁世凱を補け日露戰役には第四軍參謀副長大本營附陸軍參謀として功三級に敍し同三十八年ポーツマス講和會議特派全權大使隨員として米國に派遣せらる後米國大使館附武官陸軍省副官步兵第三十近衞第一各旅團長朝鮮駐箚憲兵司令官朝鮮總督府警務總長第十九第四各師團長關東軍司令官浦鹽派遣軍司令官軍事參議官等に歷補し陸軍大將に陞進す大正十二年勳功に依り華族に列し男爵を授けらる曩に福岡市長に擧げられ同十四年貴族院議員に互選され現に其任に在り
家族は尚孫澄子(大九、一一生、養子馨長女)同健兒(同一一、七生、同長男)亡弟銑三郞妻滿子(明七、九生、子爵曾我祐邦妹)あり
長男日出男(同二四、三生)は分家し長女富士(同二六、八生)は京都府人鴨脚光榮弟光弘に姪審子(同三二、四生、亡弟銑三郞長女)は東京府士族渡邊保治弟正夫に嫁せり
Address phone
東京市外代々幡町代々木山谷三〇〇 電四谷一五〇七
Relative子爵曾我祐邦,伊澤多喜男,※子爵谷儀一,※男爵東三條實敏,※金杉英五郞,※河井彌八
Degree6 (except※2)
Pronounciationたちばな こいちろう
Another name
View a digital image