Japanese

河井彌八 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正四位、勳三等
Title/ Family rank etc.靜岡縣在籍
Occupation侍從次長兼皇后宮大夫
Gender男性
Birthday明治十年十月 (1877)
Parent and relation 河井重藏の長男
Family妻 要 明二一、一〇生、靜岡、鈴木二平二女
男 重友 大二、八生
女 マス 明四〇、九生
女 アキ 明四三、九生
Biography君は靜岡縣人故衆議院議員河井重藏の長男にして明治十年十月を以て生れ大正十四年家督を相續す明治三十七年東京帝國大學法科大學政治科を卒業し文官高等試驗に合格す同四十年貴族院書記官に任ぜられ後同書記官長となる大正十五年内大臣祕書官長に轉じ昭和二年現官に任ぜらる
家族は尚三女なほ(大四、八生)三男泰治(同八、二生)四男興三(同一二、七生)弟昇三郞(明二三、九生、法學士、住友製鋼所員)同妻高(同三一、一〇生、貴族院議員伊澤多喜男長女)及其三男あり
妹たみ(同一三、一二生)は靜岡縣人石間英太郞に嫁せり
Address phone
東京、麴町、紀尾井町三 電九段一八〇一
Relative伊澤多喜男,石間英太郞,※男爵立花小一郞
Degree3 (except※2)
Pronounciationかわい やはち
Another name
View a digital image