Japanese

香川敬三 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade正二位、勳一等
Title/ Family rank etc.伯爵、舊水戸藩士
Occupation樞密顧問官皇后宮太夫兼皇太后宮太夫,議定官,東伏見宮御用掛
Gender男性
Birthday天保十二年十一月十五日 (1841)
Parent and relation 蓮田孝定の三男
Family妻 須磨子 安政二、三生、新潟、士、藤澤蕃英妹
男 櫻男 明九、四生、正五位勳五等、陸軍步兵大尉
婦 正子 明一七、一生、二男櫻男妻、男爵松園信淳養姉
男 廣身 明五、二生
女 志保子 文久二、一一生
Biography當家は北畠親房の後にして十數世を經て蓮田孝定に至る
君は其三男にして天保十二年十一月十五日を以て生る明治三年宮内權大亟兼舍人長に任し爾來宮内省に奉仕し現今に及ふ明治二十年特旨を以て華族に列し子爵を授けらる其間宮内大書記官皇后太夫華族局長等に歷任し三十三年親任官の待遇を受く同四十年伯爵に進められ現今樞密顧問官皇后宮太夫兼皇太后宮大夫議定官東伏見宮御用掛等の職にあり
家族は前記の外孫顯子(明三六、一〇生、二男櫻男長女)同英男(同四〇、一二生、同長男)同敬男(同四二、三生、同二男)あり
女文子(同七、一生)は子爵山井兼文に三女雪子(同一二、一生)は男爵岩村通俊二男團次郞に女靜子(同一三、六生)は子爵花房義質長男太郞に嫁せり
Address phone
東京、麴町、紀尾井町七 電話番町二七七
Relative子爵山井兼文,子爵花房義質,男爵岩村通俊,男爵松園信淳,岩村團次郞,※伯爵宗重望,※子爵曾我祐準
Degree7 (except※5)
Pronounciationかがわ けいぞう
Another name
View a digital image