Japanese

花房義質 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從二位、勳一等
Title/ Family rank etc.子爵、舊岡山藩士
Occupation樞密顧問官,日本赤十字社社長神苑會々長
Gender男性
Birthday天保十三年一月一日 (1842)
Parent and relation 花房端連の長男
Family妻 千鶴子 嘉永五、六生、岡山、士、青木順三女勳四等
男 太郞 明六、四生、正五位勳五等功五級海軍中佐
婦 靜子 明一三、六生、長男太郞妻、伯爵香川敬三四女
Biography君は舊岡山藩士花房端連の長男にして花房直三郞の實兄なり天保十三年一月一日を以て生る夙に佐久間象山に學ひ慶應三年歐米を巡視して歸朝し明治二年大政官御用掛となり累進して同九年辨理公使として朝鮮に在り十七年變亂に處して其名を揚く爾來全權公使勸業博覽會事務官長農商務次官宮中顧問官宮内次官に歷任す同二十三年勳一等に同二十九年男爵を授けられ同四十年九月子爵を陞授せらる現時樞密顧問官にして又日本赤十字社々長たり
家族は前記の外孫孝太郞(明四〇、一一生、長男太郞長男)同福次郞(同四三、四生、同二男)同斐子(同三九、五生、同長女)同松子(大二、四生、同二女)あり
長女豐子(明二九、一〇生)は男爵鮫島具重に嫁せり
Address phone
東京、芝、白金臺町二ノ九 電話芝四五一
Relative伯爵香川敬三,男爵鮫島具重,花房直三郞,※子爵山井兼文,※岩村團次郞
Degree5 (except※3)
Pronounciationはなぶさ よしもと
Another name
View a digital image