Japanese

山内豐英 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正四位
Title/ Family rank etc.子爵、舊土州新田藩
Occupation保安商事(株)監査役
Gender男性
Birthday明治二十年三月 (1887)
Parent and relation 山内豊誠の三男
Family妻 綱子 明二三、三生、伯爵立花寬治三女
男 豊壽 大八、一二生
Biography當家は土佐藩主山内一豊の男土佐守忠義の四男遠江守一安の後なり一安父の所領中新田一萬三千石を分與され別に一家をなす夫より七代を經て先代豊誠に至る豊誠戊辰の役宗藩を輔けて勤王の功あり明治十七年子爵を授けらる侍從宮内省司法省各御用掛等となり後法曹界に入り判事及び檢事に任じ貴族院議員に當選すること數回に及ぶ
君は其三男にして子爵内藤正陽の叔父なり明治二十年三月を以て生れ同四十一年家督を相續し襲爵仰付けらる現時保安商事會社監査役たり
家族は尚長女鋼子(大四、二生)二女秀子(同五、二生)四女富士子(同一一、九生)五女小百合(同一二、一一生)二男豊寬(同一五、二生)あり
叔母豊子(元治元、六生)は子爵松平忠正先代忠禮に嫁せり
Address千葉、山武、東金町
Phone number
Relative伯爵立花寬治,子爵内藤正陽,子爵松平忠正,※子爵立花種忠,※男爵西高辻信雅,※立花寬正,※立花寬篤,※細川興生
Degree8 (except※3)
Pronounciationやまうち とよえい
Another name
View a digital image