Japanese

九鬼隆一 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正二位、勳一等
Title/ Family rank etc.男爵、京都府華族
Occupation樞密顧問官,議定官,古社寺保存會長
Gender男性
Birthday嘉永五年八月 (1852)
Parent and relation 星崎貞幹の二男
Family男 三郞 明一八、五生
Biography君は舊攝州三田藩士星崎貞幹の二男にして嘉永五年八月を以て生れ舊丹波綾部藩家老職九鬼隆周の養子となり慶應二年家督を相續す夙に川本光民米人フルベツキ福澤諭吉に學ぶ明治六年歐洲に留學し歸朝後文部大丞文部卿代理一等法制官兼文部少輔駐米特命全權公使無任所公使圖書頭閣龍世界大博覽會副總裁第三第四各内國勸業博覽會審査總長宮中顧問官兼帝室博物館總長等に歷任し明治二十三年國會開設に際し貴族院議員に勅選せられ後樞密顧問官に昇る又帝國教育會及忠勇顯彰會の設立者にしてその會長となり全國寶物取調委員長美術協會々頭等本邦美術界に貢歐するところ極めて多し同二十九年勳功に依り華族に列し男爵を授けらる現時樞密顧問官議定官にして古社寺保存會々長たり
家族は尚孫隆一郞(大五、七生、亡二男一造長男)同隆造(同六、九生、同二男)あり
四男周造(明二一、二生)は同妻縫子(同二八、六生、商工大臣中橋德五郞長女)を伴ひ分家し養子光(同一六、五生、兵庫、士、九鬼清妹)は故法學博士政尾藤吉の未亡人たり
Address phone
東京、麴町、永田町二ノ七 電銀座四八四二
Relative九鬼三郞,中橋德五郞,※清水澄,※中橋謹二,※中橋武一
Degree5 (except※2)
Pronounciationくき りゅういち
Another name
View a digital image