Japanese

中橋德五郞 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正三位、勳一等
Title/ Family rank etc.石川縣在籍
Occupation商工大臣,衆議院議員(石川縣選出)
Gender男性
Birthday元治元年九月 (1864)
Parent and relation 齋藤宗一の五男
Family妻 ゑつ 明元、八生、男爵藤田平太郞養姉
男 武一 明二四、三生
Biography君は舊金澤藩士齋藤宗一の五男にして齋藤半六の兄なり元治元年九月を以て生れ中橋家の養子となり明治二十年家督を相續す同十九年帝國大學法科大學選科を卒業し判事試補となり橫濱始審裁判所詰を命ぜらる爾來特許局審判官農商務省參事官法制局參事官衆議院書記官遞信省參事官同省會計主務官遞信書記官に歷任し大臣官房財務課長遞信省監査局長同鐵道局長等を經て明治三十一年官を辭し大阪商船會社に入り其社長となり傍ら日本窒素會社南滿洲鐵道會社等の重役を兼ね實業界に活躍せり同四十五年以來衆議院議員に推さるゝ事三囘に及び現に立憲政友會總務たり大正七年原内閣組閣と共に入りて文部大臣となる同十一年官を辭して政友本黨顧問たりしが昭和二年田中内閣に入りて商工大臣となり現在に至る曩に明治二十二年衆議院制度取調局出仕として歐米各國に出張を命ぜらる
家族は尚五女正子(大三、四生)あり
長女縫子(明二八、六生、東京府立第三高等女學校出身)は男爵九鬼隆一四男文學士一造に四女重子(同四二、七生、雙葉高等女學校出身)は東京府人清水澄長男虎雄に嫁し二女千代子(同三〇、一二生)は東京府人澤しまに四女知惠(同三四、六生)は茨城縣人安達朔壽に各養子となり二男謹二(同三四、三生、法學士)は分家せり
Address phone
東京、麴町、商工大臣官舍 電九段七三三
Relative男爵九鬼隆一,男爵藤田平太郞,齋藤半六,中橋謹二,中橋武一,※藤田德次郞,※藤田彦三郞
Degree8 (except※6)
Pronounciationなかはし とくごろう
Another name
View a digital image