Japanese

清水澄 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade從三位、勳二等
Title/ Family rank etc.東京府在籍
Occupation法學博士,帝國學士院會員,行政裁判所評定官,第二部長,宮内省御用掛,臨時法制審議會臨時委員
Gender男性
Birthday明治元年八月 (1868)
Parent and relation 清水吉三郞の長男
Family妻 タツ 明一三、九生、故大審院長三好退藏長女、華族女學校出身
男 虎雄 明三五、一一生、從七位、地方事務官、富山縣商工課長
婦 重子 明四二、七生、長男虎雄妻、石川、中橋德五郞四女、雙葉高等女學校出身
男 德茂 明三七、一生
男 重義 明三八、一生
Biography君は石川縣人清水吉三郞の長男にして明治元年八月を以て生れ同二十五年分家して一家を創立す同二十七年帝國大學法科大學佛法科を卒業し東京府參事官宮内省事務官等を經て同三十一年學習院教授に任ぜられ獨佛兩國に留學を命ぜらる歸朝後學習院教授兼幹事となり同三十八年法學博士の學位を受け翌年行政裁判所評定官に任ぜらる又宮内省御用掛として大正四年以來帝國憲法皇室典範行政法皇室制度等の御進講を爲せり現に行政裁判所評定官同第二部長にして臨時法制審議會臨時委員及び帝國學士院會員たり著書數種あり
Address phone
東京、四谷、愛住町六三 電四谷二七九〇
Relative中橋德五郞,※男爵九鬼隆一,※中橋謹二,※中橋武一,※三好丑郞,※三好重道
Degree6 (except※1)
Pronounciationしみず とおる
Another name
View a digital image