Japanese

島津久家 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從四位、勳五等、功五級
Title/ Family rank etc.男爵、宮崎縣華族
Occupation陸軍步兵大尉
Gender男性
Birthday明治十年七月二十三日 (1877)
Parent and relation 北鄕久政の長男
Family妻 恭子 明一八、八生、伯爵南部利淳妹
Biography當家は島津忠久十五世義久の後にして島津家の分家なり舊日向都城邑主にして四萬石を領す先々代久靜先代久寬共に維新の際國事に盡して功あり君其後を享く
君實は舊鹿兒島藩士北鄕久政の長男にして明治十年七月二十三日を以て生る同十七年先代久寬の養子となり同二十四年男爵を授けらる同三十五年陸軍步兵少尉に任し軍事學研究の爲め外國に在りしか日露の役起るや召集に應して近衞步兵第二聯隊に入り中尉に進み尋て野戰隊に加はり大尉に進む功を以て勳五等に叙し功五級金鵄勳章を賜はる
家族は前記の外長女久子(明四〇、八生)二女圭子(同四四、二生)あり
Address東京、牛込、市ケ谷加賀町一ノ二
Phone number番町一〇二五
Relative伯爵南部利淳,北鄕久政,※子爵毛利元秀
Degree3 (except※2)
Pronounciationしまづ ひさいえ
Another name
View a digital image