鍋島陸郞 (男性)

位階・勲等・功級從五位
爵位・身分・家柄男爵、栃木縣華族
職業陸軍砲兵中尉
生年月日明治二十一年四月五日 (1888)
親名・続柄 鍋島幹二男
家族母 テイ 嘉永元、五生
妻 喜美子 明二九、七生、岡山、士、島村久二女東京女學館出身
弟 卯八 明二四、四生
弟 辰郞 明二五、一一生
記述部分當家は先代幹より顯はる幹明治元年眞岡縣知事となり爾來日光栃木各縣令青森廣島各縣知事に歷任し特旨を以て華族に列し男爵を授けられ尋て貴族院議員に勅任せられ日露事件の功に依り旭日大綬章を賜はる
君は其二男にして明治二十一年四月五日を以て生れ大正二年九月家督を相續し襲爵仰付らる曩に砲兵少尉に任し尋て中尉に陞進し現に其任に在り
姉與志(慶應元、八生)は海軍々醫總監石黑宇宙治に同タケ(同三、一二生)は東京府士族平山成信に同スマ(明一〇、五生)は陸軍中將宇都宮太郞に同トラ(同一一、四生)は東京府平民安田善助に同ウタ(同一二、六生)は佐賀縣士族平尾治郞に同ミヨ(同一四、四生)は同縣士族伊東祐俊弟祐保に同トシ(同一四、一一生)は海軍少將松村龍雄に同スミ(同一八、八生)は山梨縣平民廣瀨久政弟猛に嫁せり
住所東京、芝、白金今里町九六
電話番号芝三〇八一
参照人物石黑宇宙治平山成信宇都宮太郞安田善助平尾治郞松村龍雄廣瀨久政島村久、※男爵波多野敬直
参照次数9 (※なし8)
読みなべしま ろくろう
別名
画像を表示