石黑宇宙治 (男性)

位階・勲等・功級從四位、勳三等、功四級
爵位・身分・家柄新潟縣平民
職業後備海軍軍醫總監、富士生命保險株式會社取締役
生年月日嘉永五年二月七日 (1852)
親名・続柄 石黑玄愼長男
家族妻 與志 慶應元、八生、男爵鍋島陸郞姉
男 寅二 明二三、二生
女 泰 明二五、二生
女 美津 明二六、一一生
女 豐 明三〇、一〇生
記述部分君は新潟縣平民石黑玄愼の長男にして嘉永五年二月七日を以て生れ明治十九年九月家督を相續す夙に海軍軍醫學校を卒業して海軍少軍醫となり順次累進して海軍軍醫總監に至り豫備となり後ち後備役仰付らる日清役の功により功四級金鵄勳章を賜ふ方今富士生命保險株式會社取締役たり
家族は尚三男宰三(明二九、二生)四男秀夫(同三三、一二生)五男和夫(同三四、一〇生)六女孝(同三七、一一生)六男駿治(同三九、八生)七男敏郞(同四二、七生)七女壽(同四四、一二生)あり
長女ヤヲ(同一七、八生)は神奈川縣人關重忠弟重孝に妹タツ(安政元、三生)は廣島縣士族森田寬藏に同カヂ(文久三、五生)は東京府平民小川鐵吉に嫁せり
住所東京、芝、西久保巴町二四
電話番号芝二〇八一
参照人物男爵鍋島陸郞關重忠
参照次数7 (※なし2)
読みいしぐろ うちゅうじ
別名
画像を表示