Japanese

小松從志 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade從五位
Title/ Family rank etc.伯爵、鹿兒島縣華族
Occupation主獵官兼主馬寮御用掛
Gender男性
Birthday明治十六年一月 (1883)
Parent and relation 西鄕從道の子 *
Family養母 フク 慶應三、一二生、鹿兒島、士、島津豐後四女
妻 千代子 明二七、一一生、陸軍少將山口圭藏長女、學習院女學部出身
男 晃道 大二、一一生
Biography當家は小松内大臣平重盛の孫高清の後にして其孫清重大隅國禰寢院の地頭職となり子孫禰寢氏と稱す後重長の時島津氏に臣事し封を薩州吉利に移し小松氏と改稱す帶刀清廉に至り藩の老職に任じ元治元年蛤御門の變禁闕を守護して長兵を擊破し後徵されて參與職總裁局顧問兼外國事務局判事仰付けられ維新の鴻業を翼賛す子清直孫帶刀相繼ぎ帶刀明治二十九年祖父の勳功に依り華族に列し伯爵を授けらる先代重春は帶刀の弟にして經國銀行頭取其他諸會社の重役に就任す君其後を享く
君實は侯爵西鄕從德の弟にして男爵上村從義西鄕豐二は其實兄なり明治十六年一月を以て生れ大正十四年選定に依り先代重春の後を相續し襲爵仰付けらる明治三十六年學習院中等科を卒業し高等科を經て同四十一年農商務省海外實業練習生を命ぜられ英國及び歐洲に留學同四十四年米國を經て歸朝し馬政局に奉職す現時主獵官兼主馬寮御用掛たり
先代重春姉ハナ(明一八、八生)は子爵脇坂安之に嫁せり
Address東京市外澁谷町上通四ノ四一
Phone number青山八四七
Relative侯爵西鄕從德,子爵脇坂安之,男爵上村從義,西鄕豐二,※公爵岩倉具榮,※子爵稻葉順通,※男爵伊地知精,※男爵佐雙定雄,※男爵古河虎之助
Degree9 (except※4)
Pronounciationこまつ
Another name
View a digital image