Japanese

山路一善 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正四位、勳一等、功三級
Title/ Family rank etc.愛媛縣在籍
Occupation豫備海軍中將
Gender男性
Birthday明治二年三月 (1869)
Parent and relation 山路一審の三男 **
Family妻 すゑ 明一四、三生、伯爵山本權兵衞二女
男 一行 明三三、九生、海軍大尉
婦 良子 明四一、一一生、長男一行妻、男爵内山小二郞二女、女子學習院出身
女 壽子 明四四、一二生
Biography君は愛媛縣士族山路一遊の弟にして明治二年三月を以て生れ大正十五年分家して一家を創立す明治二十三年海軍兵學校を卒業し海軍少尉に任じ爾來累進して大正七年海軍中將に進む其間日露戰役には出羽戰隊先任參謀片岡北遣隊先任參謀として出征し次で磐手副長海軍々令部參謀笠置筑波各艦長世界大戰には第一艦隊參謀長第三特務艦隊司令官として濠洲新西蘭方面に轉戰し後馬公要港部司令官第二艦隊司令官鎭海要港部司令官等に歷補し大正十二年豫備役に編入せらる
家族は尚三女明子(大四、一生)四女梅子(同八、一生)五女鎭子(同一一、四生)あり
長女泰子(明三九、六生、聖心女子學院出身)は工學博士今岡純一郞長男賀雄に嫁せり
Address東京、芝、白金三光町五一九
Phone number高輪八〇八一
Relative伯爵山本權兵衞,男爵内山小二郞,今岡純一郞,※男爵上村從義,※財部彪,※增島六一郞,※松方乙彦,※山本盛正
Degree8 (except※3)
Pronounciationやまじ かずよし
Another name
View a digital image