立花寬治 (第8版 [昭和3(1928)年7月] の情報)

位階・勲等・功級正二位、勳四等
爵位・身分・家柄伯爵、舊筑後柳河藩
職業福岡縣多額納税者
性別男性
生年月日安政四年九月 (1857)
親名・続柄 立花鑑寬二男
家族妻 鍈子 明五、二生、男爵酒井忠精妹
男 鑑德 明一七、二生、從四位
婦 艷子 明二四、三生、長男鑑德妻、伯爵德川達孝三女
孫 文子 明四三、六生、長男鑑德二女
記述部分當家は鎭西の名族大友氏の支流にして世々筑前國立花城に居り立花と稱し相傳へて鑑連に至る鑑連子なく高橋鎭種の長男統虎を以て嗣とす統虎左近將監宗茂と改め天正年間島津氏と戰つて功あり秀吉之を嘉賞し筑後柳河十二萬石を賜ふ關ケ原役後一時封を失せしも後舊領に復し九世を經て鑑寬に至る
君は鑑寬の二男にして立花寬正の兄なり安政四年九月を以て生れ明治七年家督を相續し同十七年伯爵を授けらる貴族院議員に選ばるゝこと二囘現時福岡縣多額納税者たり
家族は尚妹トシ(慶應二、二生)同貞子(明元、八生)あり
二女理子(同一三、七生)は子爵加納久朗先代久宜の養子となり更に子爵立花種忠に三女綱子(同二三、三生)は子爵山内豐英に妹清子(同八、一生)は男爵細川興增長男興生に同春子(同一五、九生)は男爵西高辻信雅に嫁し弟寬篤(同六、八生)は分家せり
住所福岡、山門、城内村
電話番号
参照人物伯爵德川達孝、子爵加納久朗、子爵立花種忠、子爵山内豐英、男爵酒井忠精、男爵西高辻信雅立花寬篤立花寬正細川興生、※伯爵溝口直亮、※子爵土屋正直、※子爵德川武定、※男爵淺野養長
参照次数14 (※なし9)
読みたちばな ともはる
別名
画像を表示