Japanese

直木倫太郞 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade正六位
Title/ Family rank etc.兵庫縣平民
Occupation工學博士,東京市技師第三部河港課長
Gender男性
Birthday明治九年十二月一日 (1876)
Parent and relation 眞島顯造の長男
Family養父 政之介 嘉永四、一生、現戸主
妻 りう 明一三、八生、養父政之介長女
男 茂 明三三、三生
女 絢 明三二、一生
Biography君は兵庫縣平民眞島顯造の長男にして明治九年十二月一日を以て生れ同二十六年八月直木政之介の養子となる同三十二年帝國大學工科大學を卒業して工學士の稱號を得直ちに東京市技師を拜命し東京灣築港計畫を擔任す同三十四年築港調査の爲め市より海外に派遣せられ後自費滯在を許され更に獨佛に留まること二年歸朝後大藏省に入り臨時建築部技師として橫濱築港の土木工事を擔當す同四十四年七月再ひ東京市技師ととり現に第三部河港課長たり曩に工學博士の學位を受く
家族は尚二男博(明三五、五生)二女美代(同三八、一生)三男暎(同三九、二生)四男孝(同四〇、六生)五男惇(同四一、一〇生)四女素枝(同四五、一生)六男正(大二、八生)あり
Address東京、芝、芝公園第十八號地
Phone number芝四三七〇
Relative直木政之介
Degree1 (except※1)
Pronounciationなおき りんたろう
Another name
View a digital image