Japanese

華園眞淳 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從五位
Title/ Family rank etc.男爵、僧家
Occupation
Gender男性
Birthday明治十七年八月三日 (1884)
Parent and relation 華園澤稱の二男
Family兄 演澄 明一六、三生
弟 信由 明二〇、一一生
弟 稱念 明二五、九生
弟 良巖 明二七、三生
Biography當家は親鸞上人の後にして十一世を經て經豪に至る經豪蓮如上人と力を協せて法道の爲めに盡せり夫より十一世を經て攝信に至る戊辰の役末寺の僧侶を率ひて王事に勤む功に依り明治五年三月華族に列し同十七年七月男爵を授けらる
君は其第六子澤稱の二男にして明治十七年八月三日を以て生れ大正元年十一月家督を相續し襲爵被仰付
家族は前記の外弟稱淳(明三一、六生)
弟稱(同三四、三生)は京都府人日下俊隆の養子となり叔父信曉(安政四、六生)は其妻文(明二、三生、福井、士、鈴木敏妹)及子女を伴ひて分家せり
Address phone
京都、下京、醒井通七條上ル華園町一
Relative
Degree2 (except※2)
Pronounciationはなぞの しんじゅん
Another name
View a digital image