富井政章 (第8版 [昭和3(1928)年7月] の情報)

位階・勲等・功級正三位、勳一等
爵位・身分・家柄男爵、東京府華族
職業法學博士、樞密顧問官、帝國學士院會員、東京帝國大學名譽教授、常設仲裁々判所裁判官
性別男性
生年月日安政五年九月 (1858)
親名・続柄 富井政恒長男
家族妻 萬壽代 明二、五生、高知、士、澁谷寬長女
男 周 明二三、八生
男 雄吉 明二八、一〇生、目黑蒲田電鐵社員
男 恒雄 明三〇、一二生、法學士、日本銀行員
婦 春 明三五、五生、四男恒雄妻、東京、士、波多野承五郞三女、双葉高等女學校出身
女 久 明三六、五生
記述部分君は京都舊聖護院宮侍富井政恒の長男にして安政五年九月を以て生れ明治十八年家督を相續す同十年東京外國語學校に學び佛國に留學し同十六年同國里昂大學を卒業してドクール・アン・ドロアの學位を受く歸朝後東京帝國大學法科大學教授同教頭同學長に歷任し辭任後同大學名譽教授に擧げられ帝國學士院會員被仰付又法政大學教頭京都立命館大學長となる同二十一年法學博士の學位を受け同二十四年貴族院議員に勅選せらる大正七年樞密顧問官に親任し現に其職に在り尚帝室制度審議會委員臨時法制審議會主査委員長等に擧げらる曩に佛國より勳二等を受く大正十五年十月勳功に依り華族に列し男爵を授けらる我國民法の起草者にして法學界の耆宿たり
家族は尚孫正文(大一五、一二生、四男恒雄長男)あり
長女ミツ(明二〇、一一生、御茶水高等女學校出身)は工學博士太刀川平治に二女澄(同二六、七生、出身校同上)は故法學士酒井晴雄に三女淑(同三二、一一生、出身校同上)は東京府士族植村澄三郞長男甲午郞に嫁し亡弟悌三郞妻イネ(同九、八生、群馬、田島倉吉妹)は其一子を伴ひ分家せり
住所東京、牛込、市谷藥王寺町七一
電話番号牛込二一一二
参照人物植村甲午郞太刀川平治富井周波多野承五郞、※草間時福、※松井春生
参照次数6 (※なし4)
読みとみい まさあき
別名
画像を表示