岩下清周 (男性)

位階・勲等・功級勳四等
爵位・身分・家柄東京府士族
職業衆議院議員(大阪市選出)、營口水道電氣株式會社、大阪電氣軌道株式會社各社長、東亞興業株式會社、豐田式織機株式會社、日本醬油製造株式會社、鬼怒川水力電氣株式會社各取締役、名古屋織布株式會社監査役、南滿洲鐵道株式會社理事、大阪商業會議所議員
生年月日安政四年五月二十八日 (1857)
親名・続柄 岩下佐源太二男
家族妻 ゆか 慶應二、三生、長野、士、禰津繁久四女
男 壯一 明二二、九生
女 龜代 明二七、四生
記述部分君は長野縣士族岩下佐源太の二男にして安政四年五月二十八日を以て生れ明治六年八月實兄清儀の養子となり家督を相續す曩に高等商業學校の前身商業講習所に入り出て〻同校の教諭となり矢野二郞門下の秀才と稱せらる後三井家に入り專ら銀行事務に鞅掌し現今前揭諸會社の重役を兼ね又大阪市より選出せられて代議士たり
養弟清朝(明三、七生)は其母及妻を伴ひ分家し長女花(同二四、一生)は子爵岩倉具明弟具光に二女雅(同二五、一一生)は神奈川縣平民山本庄太郞三男三郞に嫁せり
住所東京、麴町、紀尾井町三
電話番号長番町一九四
参照人物子爵岩倉具明岩下清朝
参照次数2 (※なし2)
読みいわした きよちか
別名
画像を表示