高島小金治 (男性)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄東京府士族
職業新高製糖株式會社、日清豆粕製造株式會社各社長、株式會社大倉組、日本製靴株式會社、日本皮革株式會社各取締役、株式會社鐵業銀行監査役
生年月日文久元年四月八日 (1861)
親名・続柄 高島勇八長男
家族妻 つる 明一〇、八生、東京、平、大倉喜八郞三女
男 直一郞 明二七、六生
男 要次郞 明二八、八生
女 龜子 明二九、九生
女 福子 明三一、二生
記述部分君は舊川越藩士高島勇八の長男にして文久元年四月八日を以て生れ明治三年十一月家督を相續す明治八年慶應義塾に學び後同校に教鞭を執ること五年餘同十九年商業視察として歐洲に航し同二十一年歸朝後大倉組に入り取締役に擧げられ尚前揭諸會社の重役たり
家族は前記の外三男小滿雄(明三九、三生)あり
妹スミ(慶應元、一二生)は鹿兒島縣士族濱田道之助の母たり
住所東京、麴町、永田町二ノ七
電話番号新橋八〇
参照人物大倉喜八郞濱田道之助、※大倉喜七郞、※大倉粂馬
参照次数4 (※なし2)
読みたかしま こきんじ
別名
画像を表示