北垣國道 (男性)

位階・勲等・功級從二位、勳一等
爵位・身分・家柄男爵、錦鷄間祗候、舊鳥取藩士
職業樞密顧問官
生年月日天保七年八月七日 (1836)
親名・続柄 北垣三郞左衛門長男
家族妻 たね 弘化四、一二生、子爵河田春雄養叔母
男 確 明七、一〇生、正五位
婦 ふさ 明一三、一〇生、長男確妻、東京、士、小田切良吉妹
男 守 明一〇、一二生
婦 シマ 明一七、七生、二男守妻、北海道、士、添田弼長女
記述部分君は舊鳥取藩士北垣三郞左衛門の長男にして天保七年八月七日を以て生れ舊名を晋太郞といふ明治元年分れて一家を爲す維新の際大に國事に奔走す明治二年六月彈正巡察となり爾來鳥取縣少參事開拓權判官同少判官元老院少書記官熊本縣大書記官内務少書記官高知德島各縣令京都府知事兼宮内大書記官兼久邇宮別當内務次官等に歷任し同二十五年七月北海道廳長官に任し同二十九年四月拓殖務次官に轉し同年六月特旨を以て華族に列し男爵を授けらる同三十年七月官を罷め同八月錦鷄間祇候仰付られ現時樞密顧問官に任せらる
家族は前記の外孫普一(明一九、九生、長男確長男)同芳子同三四、六生、同長女)同四郞(同三六、一生、同四男)同光(同四一、三生、同二女)同春(同四三、一生、同三女)同慧美子(同三六、五生、二男守長女)同綠(同三八、七生、同二女)同實(同三九、九生、同長男)同彌生(同四二、三生、同三女)同千鶴(同四三、二生、同四女)同米子(大元、九生、同五女)あり
長女靜(同五、三生)は工學博士田邊朔郞に二女順(同一三、一〇生)は兵庫縣平民北村孫右衛門長男勘藏に養子とく(同三、七生、京都、平、亡池田友吉長女)は熊本縣士族下村孝太郞に嫁し三男旭(同一五、一一生)は京都府人池田氏の廢家を興し四男元(同一九、四生)は兵庫縣平民北垣保に孫良三(同三三、四生、長男確三男)は京都府士族鈴鹿顧尾に各養子となれり
住所京都、上京、土手町通丸太町下ル末丸町二
電話番号
参照人物子爵河田春雄添田弼田邊朔郞下村孝太郞
参照次数4 (※なし4)
読みきたがき くにみち
別名北垣晋太郞
画像を表示