Japanese

木下道雄 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade正五位、勳四等
Title/ Family rank etc.東京府士族
Occupation侍從兼皇后宮事務官宮内書記官宮内事務官
Gender男性
Birthday明治二十年六月 (1887)
Parent and relation 木下廣次の二男
Family母 津禰 萬延元、二生、熊本、木下助之四女
妻 シヅ 明三一、八生、熊本、木下彌八郞三女
男 廣雄 大一二、四生
Biography君は故京都帝國大學總長木下廣次の二男にして明治二十年六月を以て生る同四十五年東京帝國大學法科大學政治科を卒業し大正二年文官高等試驗に合格岡山縣屬となり後宮内省に入り東宮事務官を經て現に侍從兼皇后宮事務官宮内書記官宮内事務官たり
家族は尚長女淳(大六、七生)二男公雄(同一四、一生)の外兄正雄(明一六、七生、現戸主)及其妻アイヴイ・ローズ(同三三、六生、英國人ミラー・ジヨウジ長女)との間に一男あり
姉トネ(同一九、二生)は千葉縣人鈴木三郞に嫁せり
Address東京、麴町、紀尾井町三宮内省官舍第三號
Phone number九段一一一〇
Relative木下彌八郞,鈴木三郞,※木下季吉
Degree3 (except※2)
Pronounciationきのした みちお
Another name
View a digital image