Japanese

大倉保五郞 (8th Edition [July 1928] )

Rank/ Honors/ Grade
Title/ Family rank etc.東京府在籍
Occupation日本書籍(株)社長,國定教科書共同販賣所,大倉印刷所各(株)取締役,大倉書店主,出版業
Gender男性
Birthday安政四年五月 (1857)
Parent and relation 鈴木與四郞の七男
Family妻 せい 明三、一〇生、東京、谷村伊右衞門養姉
男 章雄 明一七、六生
婦 ミツ 明三一、七生、二男章雄妻、東京、小山半次郞二女
女 賴子 明三六、五生
男 保 明三九、三生
女 常子 明四〇、一一生
女 照子 明四五、二生
Biography君は千葉縣人鈴木與四郞の七男にして大倉和親の叔父なり安政四年五月を以て生れ大倉▲との養子となり明治十六年家督を相續す出版業を營み大倉書店として知られ傍ら前記各會社の重役を兼ぬ
家族は尚ほ七男隆吉(明四二、四生)孫樹一郞(大一五、二生、二男章雄長男)あり
三男顯三(明一九、一生)は千葉縣人鈴木與四郞の養子となり二女ハルヱ(同二二、二生)は兵庫縣人大壁早治に三女モト(同二六、二生)は長野縣人富永榮三に嫁せり
Address phone
東京、日本橋、南茅場町二二 電茅場町四一五
Relative大倉和親,谷村伊右衞門,※高羽憲次,※百木三郞
Degree4 (except※2)
Pronounciationおおくら やすごろう
Another name
View a digital image