Japanese

山下秀實 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從六位、勳四等
Title/ Family rank etc.東京府士族
Occupation帝國製糖株式會社長,株式會社臺灣商工銀行,亞鉛電氣製鍊株式會社各取締役,中壢輕便鐵道株式會社監査役
Gender男性
Birthday弘化四年四月十日 (1847)
Parent and relation 山下半右衞門の長男
Family妻 ロク 安政六、一二生、靜岡、士、水野如雲濟三女
養子 秀隆 明一三、一〇生、宮城、平、松岡達三郞弟
女 テル 明一九、一〇生、養子秀隆妻
Biography君は舊鹿兒島藩士山下半右衞門の長男にして弘化四年四月十日を以て生れ明治十七年九月家督を相續す始め身を軍籍に列し後文官に轉し熊本縣大阪府各警部長等に歷任す同二十六年官を辭し日清の役了りて臺灣の我領に歸するや夙に同地に航し臺灣驛傳社を起して通信運搬の便を圖り臺灣日々新聞を創刊して同島の啓發に力むる等諸種の事業に着手して成功し自他を益せし事尠からす現に前記會社の重役として其經營に力を致せり
長男親純(明九、八生)二女ヒデ(同一六、七生)は各分家せり
Address phone
東京、荏原、入新井村新井宿二五四〇 電話芝一三九六甲
Relative
Degree0 (except※0)
Pronounciationやました ひでみ
Another name
View a digital image