Japanese

植村澄三郞 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade
Title/ Family rank etc.東京府士族
Occupation大日本麥酒株式會社常務取締役,日本醋酸製造株式會社,明治製糖株式會社,東洋硝子株式會社,大日本人造肥料株式會社,三共株式會社各取締役,十勝開墾合資會社代表社員
Gender男性
Birthday文久二年十月十一日 (1862)
Parent and relation 植村厚十郞の長男
Family妻 誠 明七、一一生、和歌山、士、中島信次郞姉
男 甲午郞 明二七、三生
女 梅 明三一、一二生、學習院女學部在學
Biography君は舊幕臣植村厚十郞の長男にして文久二年十月十一日を以て生る明治維新の際父に隨ひ遠江國橫須賀に移る明治十二年上京して開拓使の吏員となり後大藏省農商務省に出仕し明治二十年遞信省に入り累進して遞信管理局次長となる同二十二年官を辭して實業に從事し現に前揭諸會社の重役たり
家族は前記の外二男泰二(明二九、八生)あり
Address東京、赤坂、青山南町二ノ六
Phone number芝三六二五
Relative
Degree0 (except※0)
Pronounciationうえむら ちょうざぶろう
Another name
View a digital image