Japanese

加藤勝彌 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade
Title/ Family rank etc.新潟縣平民
Occupation衆議院議員(新潟縣郡部選出),株式會社新潟縣農工銀行監査役,造林業
Gender男性
Birthday安政元年正月五日 (1854)
Parent and relation 加藤雄次郞の長男
Family妻 ヒサ 安政六、八生、山形、士、仙場閑休二女
男 四郞 明二二、九生
女 タカ 明二〇、一〇生
女 テイ 明二六、一生
女 フジ 明二九、二生
Biography君は新潟縣平民亡加藤雄次郞の長男にして安政元年正月五日を以て生れ明治三十一年九月亡祖父助太夫の後を承け家督を相續す夙に政治經濟及神學を學ひ後ち新潟縣會議員同參事會員に擧けられ又北越學館を創立して其校長となり基督教會長老にして曩に米國に漫遊す縣下郡部より選出せられて衆議院議員たる事三回現に其任に在り立憲政友會に屬す家は世々造林を以て業となす
家族は前記の外三男五郞(明三〇、六生)五男七郞(同三六、八生)あり
長女シン(同一〇、六生)は千葉縣人岩崎善右衞門長男悌一に三女フン(同一六、一生)は東京府士族紅松恒敏二男雄二に五女イツ(同二四、一生)は千葉縣平民村上米藏二男治に嫁し弟弘吉(慶應三、五生)は其妻ミキ(明五、六生、新潟、平、西澤太郞治妹)及其子を伴ひ分家せり
Address新潟、岩船、村上本町
Phone number
Relative
Degree0 (except※0)
Pronounciationかとう かつや
Another name
View a digital image