Japanese

芝川又右衛門 (4th Edition [January 1915] )

Rank/ Honors/ Grade從七位、勳五等
Title/ Family rank etc.大阪府平民
Occupation大阪府多額納税者,芝川漆器合名會社,大阪殖林合資會社各業務擔當社員,千島土地株式會社監査役,百足屋,漆器及質商
Gender男性
Birthday嘉永六年十月七日 (1853)
Parent and relation 芝川又平の長男
Family妻 りく 文久二、二生、京都、平、山口吉郞兵衛伯母
男 又四郞 明一六、二生
婦 竹 明二三、一二生、二男又四郞妻、山口、士、小阪狷二妹
男 又之助 明二一、一二生
男 又太郞 明二四、一一生
男 又吉 明二七、一生
女 ヱン 明二八、九生
Biography君は大阪の人嘉永六年十月七日を以て生る父を又平と云ひ其長男なり明治八年一月家督を相續す大阪府の多額納税者なり百足屋と稱し漆器及質商を營み直接國税一萬六千二百餘圓を納め傍ら前揭諸會社の重役として知らる明治二十年海防費五千圓を獻納して從七位に叙せられ同三十年大阪築港工事費として金五萬六千圓を寄附して賞勳局より金杯を賜はる明治三十九年日露事件の功に依り勳五等に叙し瑞寳章を賜はる
家族は前記の外孫百合子(明四四、一二生、二男又四郞長女)同芙美子(大二、九生、同二女)あり
Address phone
大阪、東、伏見町四ノ四九 電話長東一三六
Relative山口吉郞兵衛,※山口仁兵衛
Degree2 (except※1)
Pronounciationしばかわ またえもん
Another name
View a digital image