Japanese

菊池武夫 (First Edition [April 1903] )

Rank/ Honors/ Grade從四位
Title/ Family rank etc.巖手縣士族
Occupation貴族院議員(勅選),法學院々長,法學博士,辯護士
Gender男性
Birthday嘉永七年七月二十八日 (1854)
Parent and relation 菊地長閑の長男
Family母 たよ 天保八年八月生岩手縣士族八木橋作次郞姉
妻 みね 安政五年四月生東京府士族加以智妹
妹 ゑき 安政二年九月生
男 香一郞 明治二十二年四月生
甥 啓麿 明治十五年十一月生妹ゑき離綠夫政國長男
Biography君は岩手縣士族菊地長閑長男にして嘉永七年七月二十八日を以て生る夙に法學に志し後米國に留學「ボストン」大學を卒業して學位を得て歸朝明治十三年司法省雇拜命爾來大學講師司法省書記官司法大臣秘書官同省民事局長に歷任判檢事登用試驗委員に擧げらるゝ數囘民法草案編纂法典調査會委員に任ぜらる後職を辭して民間に下り專ら辯護士の事務に從事す又傍ら法學院を創立し苦心經營吾國法曹界の進步發達の爲めに貢獻する處少なからず現に是れが院長なり明治廿年敕選せられて貴族院議員となる
家族は前記の外尚女みさほ(明治二十三年七月生)同つる(同二十八年一月生)同たつ(同三十二年五月生)同ふく(同三十三年七月生)同とめ(同三十四年十月生)あり
女笆(同十五年十月生)は東京府士族大築尚志男千里妻に同てい(明治十七年三月生)は東京府士族小倉政二長男公平妻に妹なみ(安政五年十月生)は群馬縣平民高瀨四郞妻に同すみ(元治元年十月生)は東京府士族大竹長壽妻に姪かほる(明治十二年十一月生妹えき離緣夫政國長女)は長崎縣士族松野千勝妻に嫁す
Address phone
東京市牛込區市ケ谷砂土原町一ノ二 電話番町二二三
Relative
Degree0 (except※0)
Pronounciationきくち たけお
Another name