九鬼德三 (男性)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄三重縣在籍
職業九鬼産業(株)取締役、米穀肥料商
生年月日明治二十八年十月 (1895)
親名・続柄 九鬼紋七長男
家族妻 はる 明三六、二生、靜岡、市河彦三三女
男 覇朗 大一三、二生
記述部分當家は代々勢州四日市に住し先々々代紋七肥料商を營み九鬼家今日の基礎をなせり先代紋七遺業を繼ぎ三重縣多額納税者に列し傍ら諸會社に參與し九鬼産業東海電線東洋紙工各會社長たる外諸種銀行會社の重役として知られ四日市商業會議所議長衆議院議員に擧げらる
君は其長男にして明治二十八年十月を以て生れ昭和二年家督を相續す大正十年慶應義塾大學部理財科を卒業し家業を繼承し傍ら九鬼産業會社取締役たり
家族は尚二男城男(大一五、八生)あり
姉つね(明二七、七生)は分家し三重縣人小林治郞を迎へ妹とみ(同三〇、七生)は同縣人小津孝之助に同くら(同三三、二生)は兵庫縣人永田安吉に叔母まさ(同一七、一二生)は三重縣人九鬼總太郞に嫁し叔父金松(同二、一〇生)は同縣人九鬼紋十郞の養子となり襲名して當主たり
住所四日市、中納屋町六二
電話番号四〇
参照人物九鬼治郞九鬼紋十郞、※古賀行倫、※林市藏
参照次数4 (※なし2)
読みくき とくぞう
別名
画像を表示