北垣晋一 (男性)

位階・勲等・功級正五位
爵位・身分・家柄男爵、京都府華族
職業靜林山莊
生年月日明治二十九年九月 (1896)
親名・続柄 北垣確長男
家族繼母 ふさ 明一三、一〇生、東京、小田切良吉妹
妻 登美 明三三、四生、伯爵飛鳥井雅信妹
男 圭一 大一四、八生
記述部分當家は先々代國道より顯る國道は舊鳥取藩士にして夙に國事に奔走し日下部晉太郞と稱し生野の義擧に參加す明治三年彈正巡察として阿波騷動を鎭撫し後熊本縣大書記官内務少書記官高知德島各縣令京都府知事兼宮内大書記官兼久邇宮別當内務次官北海道廳長官拓殖務次官等に歷任し明治二十九年勳功に依り華族に列し男爵を授けらる後貴族院議員樞密顧問官に擧げらる京都疏水工事の規畫者として名あり先代確は其長男にして夙に京都市立美術學校に學び歐米を巡遊し大禮使典儀官仰付けらる
君は確の長男にして明治二十九年九月を以て生れ大正七年家督を相續し襲爵す同八年京都繪画專門學校を卒業し靜林と號し美術の硏究に沒頭し又禽鳥に趣味を有し各國の珍禽を蒐集飼育し養禽園と名く禽鳥の生態に關する薀蓄は我禽界に喧傳す
家族は尚長女美代子(大九、五生)二女美知子(昭二、三生)弟靜男大四、五生)同靜彌(同七、一生)あり
同良三(明三三、四生)は京都府士族鈴鹿顧尾に妹芳子(同三四、六生)は兵庫縣人北垣保に同春(同四三、一生)は京都府人深尾平治郞に各養子となり同光(同四一、三生)は同上深尾家に入籍し伯母靜(同五、三生)は故工學博士田邊朔郞に叔母順(同一三、一〇生)は兵庫縣人北村孫右衞門七男勘藏に養伯母とく(同四、七生、京都、池田友吉長女)は工學博士下村孝太郞に嫁し叔父旭(同一五、一一生)は絶家池田家を再興し弟四郞(同三六、一生)は其家籍に入り分家す
住所京都、愛宕、修學院村
電話番号西陣四六五
参照人物伯爵飛鳥井雅信池田旭下村孝太郞、※男爵藤枝雅脩、※矢野丑乙
参照次数5 (※なし3)
読みきたがき しんいち
別名
画像を表示