山中傳四郞 (第8版 [昭和3(1928)年7月] の情報)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄三重縣在籍
職業三重縣多額納税者、旭運輸、大同運送各(株)社長、四日市銀行、四日市貯蓄銀行、東海電線、霞ケ浦土地、大臺林業各(株)取締役、運送業
性別男性
生年月日明治十五年三月 (1882)
親名・続柄 山中傳四郞長男
家族母 きぬ 安政五、一二生、祖夫傳四郞長女
妻 しつ 明二一、九生、愛知、加藤彦兵衞妹
男 二三男 大元、一二生
記述部分君は三重縣人先代傳四郞の長男にして明治十五年三月を以て生れ大正五年家督を相續し前名修一を改む運送業を營み三重縣多額納税者にして現時前記各銀行會社の重役たり
家族は尚三男美彦(大三、五生)弟讓吉(明一七、一一生)同妻はな(同二一、三生、東京、平野則祐五女)同久衞(同二五、七生)甥宗彦(大三、九生、妹みち私生子)あり
弟季夫(明三四、五生)は分家し妹みち(同一八、一一生)は愛知縣人北川重夫先代乙治郞に同とし(同一九、一〇生)は三重縣人木村義郞に嫁せり
住所四日市、布川原町七四九
電話番号
参照人物加藤彦兵衞北川重夫、※久野園吉
参照次数3 (※なし2)
読みやまなか でんしろう
別名山中修一
画像を表示