福田馬之助 (第8版 [昭和3(1928)年7月] の情報)

位階・勲等・功級從三位、勳一等、功四級
爵位・身分・家柄東京府士族
職業工學博士、退役海軍造船中將
性別男性
生年月日安政三年十月 (1856)
親名・続柄 福田賴實長男
家族男 啓二 明二三、一二生、正六位勳五等、海軍造船中佐
婦 幸子 明二八、四生、二男啓二妻、東京、木村長七二女
記述部分君は愛知縣士族福田賴實の長男にして安政三年十月を以て生れ明治三十四年家督を相續す同十七年工部省附屬工學寮を卒業し同二十一年海軍大技士に任じ大正二年海軍造船中將に累進す其間海軍艦政本部出仕舞鶴海軍造船廠造船課長艦政本部第三第四各部長等に歷補し大正七年豫備役に編入せらる曩に淺野造船所副社長に擧げられ同四年工學博士の學位を受く
家族は尚ほ孫實(大五、四生、二男啓二長男)同妙子(同九、八生、同長女)同敏子(同一四、九生、同三女)あり
長女田鶴(明二六、九生)は熊本縣人佐々久四郞長男初喜に二女英(同三〇、六生)は東京府人松下領三弟末三郞に三女梅(同三五、六生)は同府人仁木正之助弟庄右衞門に嫁し弟鐵三郞(同一〇、九生)は同妻しやう(同一九、七生、愛知、瀨尾儀兵衞三女)及其一子を伴ひ分家せり
住所東京市外中野町中野三九九一
電話番号中野一四四
参照人物仁木正之助
参照次数1 (※なし1)
読みふくだ うまのすけ
別名
画像を表示