平松時陽 (第8版 [昭和3(1928)年7月] の情報)

位階・勲等・功級正四位、勳五等
爵位・身分・家柄子爵、舊公卿家
職業陸軍騎兵大尉
性別男性
生年月日明治六年十月 (1873)
親名・続柄 平松時厚長男
家族母 嘉代子 嘉永六、八生、京都、士、人見恒民養子
男 時善 明四一、一一生
記述部分當家は桓武天皇第一皇子葛原親王の第二王子大納言平高棟の直裔西洞院時慶の第二子權中納言時庸の後なり時庸岐れて一家を創立し姓を平松と稱し世々江州平松村を領す十二世を經て先代時厚に至り維新の際王事に盡瘁し後太政官宮内内務司法各省出仕元老院議官等に歷任し明治十七年子爵を授けらる後貴族院議員に選ばる
君は其長男にして明治六年十月を以て生れ同四十四年襲爵す夙に陸軍に入り同三十六年陸軍騎兵大尉に累進し同四十三年豫備役仰付らる馬術に堪能にして銃獵寫眞等の趣味あり
家族は尚妹周禪(明九、五生同花子(同二〇、二生)弟時賢(同二六、七生、文學士)養妹祐厚(同二四、一生、男爵小松行一姉)同誠厚(同二五、五生、同姉)あり
弟時冬(同一四、一生)は分家し妹達子(同七、四生)は新潟縣人川上善兵衞に同速子(同一四、一生)は子爵木下俊哲に嫁し同尊覺(同一〇、四生)は公爵近衞文麿先代篤麿の養妹にして叔父行正は男爵小松家を相續し其子行一當主たり
住所東京市外大久保町西大久保二〇九
電話番号
参照人物公爵近衞文麿、子爵木下俊哲、男爵小松行一、※奧村靖
参照次数4 (※なし3)
読みひらまつ
別名
画像を表示