高島直一郞 (男性)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄東京府士族
職業會社員
生年月日明治二十七年六月 (1894)
親名・続柄 高島小金治長男
家族母 つる 明一〇、八生、男爵大倉喜七郞姉
妻 花 明三一、七生、故總領事山田忠澄二女
記述部分當家は舊川越藩士にして先代小金治は慶應義塾を出で後新高製糖會社を創立し晚年に至るまで同社長として專ら社務を鞅掌せり
君は其長男にして明治二十七年六月を以て生れ後家督を相續す夙に慶應義塾に學びて米國に留學し歸朝後鐘淵紡績會社調査課に勤務し傍ら同社山科絹布工場製品販賣業を營む
家族は尚ほ長女慶子(大一〇、二生)二女康子(同一四、七生)あり
妹龜子(明二九、九生)は東京府人又木周夫に嫁し叔母スミ(慶應元、一二生)は東京府士族濱田道之助の母たり
住所東京、麴町、山下町東洋ビル四階四一〇
電話番号銀座三三七
参照人物男爵大倉喜七郞濱田道之助又木周夫、※大倉粂馬
参照次数4 (※なし3)
読みたかしま なおいちろう
別名
画像を表示