芝山孝豐 (男性)

位階・勲等・功級從三位、勳四等、功五級
爵位・身分・家柄子爵、舊公卿家
職業陸軍步兵中佐
生年月日明治八年七月 (1875)
親名・続柄 粟田口定孝二男
家族妻 松子 明一七、二生、男爵高崎正光叔母
男 義豐 明四一、五生
女 央子 明四三、一〇生
記述部分當家は内大臣勸修寺光豐の男權大納言宣豐の後なり宣豐別に一家を起し芝山と稱すそれより八代慶豐に至り從二位坊城俊政の三男祐豐其後を繼ぎ明治十七年子爵を授けらる
君實は故男爵粟田口定孝の二男にして明治八年七月を以て生れ同二十七年先代祐豐の死後養子となり前名田鶴麿を改め家督を相續し襲爵仰付けらる陸軍士官學校を卒業して同三十二年陸軍步兵少尉に任じ累進して大正九年同中佐に陞り日露戰役の功に依り功五級を賜ふ大正十一年豫備役に編入せらる
家族は尚三女紀子(大四、九生)あり
長女順子(明三六、九生)は子爵稻垣長昌長男長賢に嫁し二男信豐(大元、八生)は男爵粟田口定孝の養子となり當主たり
住所東京、牛込、北山伏町二九
電話番号
参照人物子爵稻垣長昌、男爵粟田口信豐、男爵高崎正光、※田中阿歌麿
参照次数4 (※なし3)
読みしばやま みつとよ
別名芝山田鶴麿
画像を表示