野津鎭之助 (男性)

位階・勲等・功級從四位、勳六等
爵位・身分・家柄侯爵、東京府華族
職業陸軍砲兵大尉、貴族院議員
生年月日明治十六年七月八日 (1883)
親名・続柄 野津道貫三男
家族母 登女子 嘉永四、一二生、鹿兒島、士、亡高島喜兵衛二女
妻 ひろ 明二六、五生、東京、士、末弘直方四女
弟 鎭彦 明二一、六生
伯父妻 國子 天保九、三生、鹿兒島、士、亡大山清太夫長女
記述部分當家は先代野津道貫より家名を揚く道貫維新の際國事に盡し功あり明治五年陸軍大佐に任し西南の役に功を樹て同十七年特に華族に列し子爵を授けらる同二十八年日清役出征中陸軍大將に昇任し凱旋後功に依り伯爵に陞爵同三十九年元帥の稱號を賜ふ日露の役に第四軍司令官として出征し偉勳を顯し功一級金鵄勳章を賜ひ侯爵に陞さる
君は其三男にして明治十六年七月八日を以て生れ同四十一年十月家督を相續す目下陸軍砲兵大尉たり
家族は前記の外長女美智子(明四五、七生)あり
妹美登子(明二二、一二生)は愛知縣人三浦惠民二男惠一に同輝子(同一八、一一生)は愛媛縣平民池田龍一に姉槇子(同六、一〇生)は男爵上原勇作に同榮子(同一三、三生)は東京府士族林民雄に嫁し兄鎭虎(同九、三生)は分家せり
住所東京、赤坂、新坂町三
電話番号芝五二九〇
参照人物男爵上原勇作池田龍一林民雄、※山下啓次郞
参照次数5 (※なし3)
読みのつ ちんのすけ
別名
画像を表示