神谷傳兵衛 (男性)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄東京府平民
職業神谷酒造合資會社無限責任社員、旭製藥株式會社社長、九州炭礦汽船株式會社、輸出食料品株式會社、三河鐵道株式會社各取締役、日本畜産株式會社、城東電氣軌道株式會社各監査役、酒造業
生年月日安政二年七月十一日 (1855)
親名・続柄
家族養子 傳藏 明三、一〇生、養子のぶ夫、山形、平、小林儀藏弟
養子 のぶ 明一〇、一一生、養子傳藏妻、東京、平、神谷桂助長女
孫 いち 明三三、九生、養子傳藏長女
記述部分君は安政二年七月十一日を以て生る酒類釀造業を營み直接國税三千九百餘圓を納む現時神谷酒造合資會社無限責任社員にして傍ら前記諸會社の重役を兼ぬ四十三年商業視察の爲め歐米に航し同年十一月歸朝せり
家族は前記の外孫傳彌(明三四、一二生、養子傳藏長男)同傳平(同三五、一二生、同二男)同しけ(同三七、一生、同二女)同六彌(同四〇、四生、同四男)同榮子(同四四、一生、同三女)同九郞(大二、四生、同六男)同光太郞(明三五、二生、同庶子、生母、東京、平、神谷ヤヲ)あり
住所東京、淺草、花川戸町二
電話番号長下谷六一一
参照人物
参照次数0 (※なし0)
読みかみや でんべえ
別名
画像を表示