土方雄志 (第4版 [大正4(1915)年1月] の情報)

位階・勲等・功級正三位
爵位・身分・家柄子爵、舊伊勢菰野藩主
職業
性別男性
生年月日安政三年八月二日 (1856)
親名・続柄 土方久巳長男
家族養子 武彦 明三八、八生、東京、士、土方久徵二男
記述部分當家は清和天皇の皇孫鎭守府將軍源經基三世左衛門尉賴親七世土方太郞秀治の後胤雄久の後なり雄久尾洲犬山四萬五千石を領す其子雄氏以下十二世を經て雄永に至る君入て其後を嗣く
君實は東京府士族土方久巳の長男にして土方久徵の兄なり安政三年八月二日を以て生る明治三年菰野藩知事に任し從五位に叙せらる同十一年工部省御用掛を拜命し同十二年九等屬に同十四年七等屬に同十五年六等屬に同二十年正五位に同二十三年貴族院議員に擧けられ同二十五年從四位に同三十年正四位に陞叙同三十二年臺灣總督府樟腦局書記拜命同年同府屬官に任せらる其後正三位に進み現に臺灣に在り
二女鈔(明二二、四生)は東京府平民土屋友次郞に嫁せり
住所臺灣、彰化、東螺西堡北斗街
電話番号
参照人物土方久徵
参照次数1 (※なし1)
読みひじかた かつゆき
別名
画像を表示