澁川忠二郞 (男性)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄大阪府平民
職業辯護士
生年月日嘉永五年四月二十一日 (1852)
親名・続柄 澁川周左衛門二男
家族妻 チヱ 文久二、一一生、德島、士、高木貞衛妹
男 正信 明二二、一生
養子 千之助 明四、三生、島根、士、亡中村本八二男、法學士、辯護士
女 保 明二六、一一生、大阪梅花女學校出身
記述部分君は大阪府平民亡澁川周左衛門の二男にして嘉永五年四月二十一日を以て生れ明治二十三年二月分れて一家を創立す夙に仕官して大阪控訴院書記となり傍ら佛蘭西語を硏究し後佛人某に雇はれ通辯をなしたることあり辯護士法發布以前代言人試驗に及第し大阪に開業し引續き今日に至る
家族は前記の外三男敏夫(明二九、五生)四男忠男(同三三、一生)五男敬雄(同三四、三生)あり
二女カメ(同一六、三生)は侯爵松方正義五男五郞に三女シン(同一九、八生)は大阪府平民阿部彦太郞に嫁し二男忠篤(同二二、一生)は同府平民高木貞衞方へ入家せり
住所大阪、北、中ノ島二ノ一九
電話番号東一〇〇二
参照人物松方五郞阿部彦太郞高木貞衛
参照次数3 (※なし3)
読みしぶかわ ちゅうじろう
別名
画像を表示