鴻池善右衞門 (男性)

位階・勲等・功級從五位、勳四等
爵位・身分・家柄男爵、大阪府華族
職業大阪倉庫株式會社々長、合名會社鴻池銀行業務擔當社員
生年月日慶應元年五月二十五日 (1865)
親名・続柄 鴻池喜右衞門長男
家族父 喜右衞門 天保一二、八生、大阪、平、山中又七長男、正五位
母 タネ 嘉永四、七生、大阪、平、長田作兵衞養子
妻 ミチ 明二、一生、京都、平、三井高保長女
男 萬藏 明一六、一一生、從五位
婦 孝 明二六、三生、男萬藏妻、東京、平、鹿島清左衞門妹
記述部分君は當家第十二代の主人にして先代喜右衞門の長男なり慶應元年五月二十五日を以て生れ同十七年一月家督を相續して襲名す由來屈指の素封家として知られ先代喜右衞門亦善右衞門と稱し幕末大小侯伯の用金調達の衝に當り功を以て商法頭取を仰付られ帶刀を許さる又維新の際には會計官出納司判事心得を以て明治天皇陛下御東幸供奉被仰付維新後後藤伯と蓬萊社を組織して其頭取たりし事あり君は先代の薰陶を受けて克く家産を守り第十三國立銀行の頭取となり同三十三年合名會社鴻池銀行を組織して其業務を擔當し又大阪倉庫株式會社々長に推さる曩に從五位に叙せられ同四十年日露事件の功に依り勳四等に叙し旭日小授章を賜り同四十四年八月特旨を以て華族に列し男爵を授けらる
家族は前記の外二男福雄(明四四、三生)孫芳枝(同四五、一生、男萬藏長女)あり
弟善九郞(同四、二生)は鴻池新十郞の死跡を相續して新十郞と改名し妹ダイ(同三、一生)は京都府平民大村彦太郞に姉あゐ(文久二、九生)は大阪府平民和田久左衞門に嫁せり
住所大阪、東、今橋二ノ五四
電話番号長本局一五
参照人物三井高保大村彦太郞鴻池新十郞和田久左衞門鹿島清左衞門
参照次数5 (※なし5)
読みこうのいけ ぜんえもん
別名
画像を表示