明治36年版『人事興信録』データベースの公開にあたり、名古屋大学からプレスリリースを行いました。