安田善四郞 (第8版 [昭和3(1928)年7月] の情報)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄東京府在籍
職業第三十六銀行、正隆銀行、富山銀行、日本畫夜銀行、栃木農商銀行各(株)頭取、安田銀行、安田貯蓄銀行、安田商事、博多灣鐵道汽船、共濟生命保險各(株)取締役、安田信託(株)監査役、安田保善學校理事、安田修德會評議員
性別男性
生年月日明治十年六月 (1877)
親名・続柄 安田善四郞長男
家族妻 ミネ 明一四、一一生、東京、安田善次郞妹
男 楠雄 明三六、二生
男 樫堆 明四一、一生
記述部分君は東京府人安田善四郞の長男にして明治十年六月を以て生れ同三十年家督を相續し前名善吉を改む富豪安田家の一門にして現時前記各銀行會社の重役として知らる
家族は尚五男良樹(明四三、二生)六男祿郞(大元、一一生)あり
二男秀次郞(明三七、一二生)は東京府人山本ふでの養子となり三男新(同三九、一生)は一門安田善之助の廢家を再興せり
住所東京、本鄕、駒込林町一八
電話番号小石川一〇五
参照人物安田善次郞、※安田善五郞、※安田善三郞
参照次数3 (※なし1)
読みやすだ ぜんしろう
別名安田善吉
画像を表示