松平直德 (男性)

位階・勲等・功級正四位、勳四等
爵位・身分・家柄子爵、東京府華族
職業貴族院議員、株式會社明石銀行取締役
生年月日明治二年七月二十三日 (1869)
親名・続柄 松平慶憲長男
家族妻 精子 明四、六生、子爵松平乘長養妹
男 直祥 明二五、九生、從五位
男 敬次郞 明二六、一〇生
嫂 鎭子 嘉永三、八生、亡兄直致妻、子爵岡部長職姉
姪 繁子 明一一、八生、亡兄直致三女
記述部分當家は德川家康の男秀家の五男直良の後なりそれより七世慶憲を經播州明石城主として先代直政に至る君其後を承く
實は先々代慶憲の長男なり明治二年七月二十三日を以て生る幼名を祥次郞と云ふ同十七年三月直政の養子となり家督を繼きて今の名に改む同年七月子爵を授けらる後選はれて貴族院議員となること三回現に其任にあり
家族は前記の外三男頴次郞(明三二、一生)四男禮次郞(同三三、六生)あり
姪英子(同七、一一生、亡兄良致長女)は子爵品川彌一に同任男子(同一四、一二生、亡兄良致四女)は富豪辰馬吉左衞門に嫁し叔母微妙光院(嘉永三、一二生)は男爵澁谷隆教の祖母たり
住所東京、芝、高輪北町四八
電話番号芝一一二六
参照人物子爵岡部長職、子爵松平乘長、子爵品川彌一、男爵澁谷隆教辰馬吉左衞門
参照次数5 (※なし5)
読みまつだいら なおのり
別名松平祥次郞
画像を表示