門野重九郞 (男性)

位階・勲等・功級
爵位・身分・家柄三重縣平民
職業株式會社大倉組、日本化學工業株式會社、東亞興業株式會社、上信硫黃株式會社各取締役、日韓雲母株式會社、東京製絨株式會社各監査役
生年月日慶應三年九月九日 (1867)
親名・続柄 門野亘子 *
家族妻 りよ 明一四、八生、男爵目賀田種太郞長女
男 安雄 明三二、五生
記述部分君は三重縣士族門野幾之進の弟にして慶應三年九月九日を以て生れ明治二十四年八月分家して一家を創立す同年帝國大學工科大學土木科を卒業して工學士の稱號を得直ちに大倉組に入り現時取締役として社務の發展に努め傍ら前記諸會社の重役たり
家族は尚二男正二(明三三、六生)あり
住所東京、赤坂、新坂町三〇
電話番号芝五四一〇
参照人物男爵目賀田種太郞門野幾之進、※高山直純、※高田正一
参照次数5 (※なし2)
読みかどの ちょうきゅうろう
別名
画像を表示